那須塩原のお宿でコスプレ撮影をしよう!

こんばんわ!コスメディア代表の赤鬼です!
今回は、栃木県那須塩原でコスプレ撮影可能なお宿を営む『石川荘』
をご紹介したいと思います!
那須塩原の大自然の中で行ったコスプレ撮影をご紹介します!

石川荘とは

石川荘とは

コスプレ撮影が可能な旅館です。
ロケ撮影も展開しており、森、神社、川など多くの自然撮影が可能です。
撮影可能なロケ地を利用する際は、必ず石川荘様を利用してください。

◯石川荘
325-0301 栃木県那須郡那須町湯本203−167

公式HP)
公式Twitter

撮影者:赤鬼

東京駅から那須塩原駅まで新幹線でおおよそ1時間
そこから、東野交通バスで約40分かけて一軒茶屋バス停下車でおり、
徒歩10分ほど歩いて、石川荘様があります!

やはり、都心から少し遠出になりますが
お宿ということもあって、宿泊プランもございます!

コスプレをした後に、ゆっくり温泉に入るということもいいのではないでしょうか?

気になる方は是非!石川荘様の公式HPをご覧ください!
公式HP

撮影シュチュエーション

石川荘様では、数多くのロケーションで撮影することができます!

◯八幡ツツジ園地
◯遊行柳〜上の宮神社
◯殺生石
etc.......

本当にいろいろな場所で撮影することができます!
詳しくはこちらをご確認ください!
石川荘コスプレ可能ロケ地→http://blog.livedoor.jp/iskwsow/

乙女の滝

今回は、乙女の滝というロケーションを利用させていただきました。

〒325-0111 那須塩原市板室703

乙女の滝は、白笹山から流れる沢名川にある幅約5メートル、落差約10数メートルの美しい滝で、季節や水量によっていろいろな表情を見ることができます。

「乙女の滝休憩所(平成23年春から休業中)」前の駐車場をご利用ください。
普通車約20台(無料)

参考文系:那須塩原市/乙女の滝

撮影者:赤鬼
撮影者:赤鬼

乙女の滝に行くには、駐車場から階段を使い降りなければいけないのですが、
かなりの段数と傾斜がありました。機材や歩きにくいコスプレをする際には注意が必要です。

出典:乙女の滝/那須塩原市

上流ということもあって、マイナスイオンと心地よい涼しさ
カメラマンとコスプレイヤーも伸び伸び撮影することができました。

ただ、足場は少し不安定で移動をする際、三脚やライトスタンドなどを立てる際は注意が必要です
また、川の流れもかなり早く水中に入って撮影をするのは危険かなと感じました

次にどのように撮影できたかをお見せしたいと思います。
モデルは長年一緒に撮影に付き合ってくれている。
フィヨルさん(@fiyorunordic)です。
今回コスプレしたキャラクターは
原神の行秋になります。

撮影した写真(モデル:フィヨル@fiyorunordic)

原神のファンタジーなイメージと乙女の滝のロケーションがピッタリ合わさり
いい写真が撮れたと思いました。
大自然なロケーションなので、刀剣乱舞やFGOなどの撮影にも向いていると思います!

乙女の滝は、かなり被写体とカメラマンの距離が離れて撮影する場合があります。
なので、中遠距離を撮影することができるレンズを一本持っていくといいです!

是非!石川荘様を利用するときは、乙女の滝に行ってみてください!

石川荘 若女将のインタビュー

今回、石川荘様で若女将をされております。
平野奈津江様にインタビューをすることができました!
普段聞くことができないお話も聞くことができましたので、
是非ご覧になっていってください。

石川壮 若女将 平野奈津江

【名前】 平野奈津江
【CN】  一条

◯コスプレ歓迎旅館石川荘 若女将

12歳の頃にコスプレを始め、その魅力に嵌り自身もコスプレイヤーとして活動する。
現在は、石川荘若女将として働きながらコスプレ活動をしている。

赤鬼

今回は、貴重な機会をいただき誠にありがとうございます。

早速なのですが、
◯なぜコスプレ歓迎旅館というものをやろうと思ったのですか?

平野奈津江

こちらこそ、このような機会を設けてくださりありがとうございます。

冬場は那須は全体的に閑散期となり、石川荘も経営難に陥っていました。
そこで女将から何か打開策はないかと打診され、
元々自分がコスプレイヤーであったことからコスプレ撮影の受け入れを提案しました。
レイヤー目線で「こんなところあったらいいな」を実現していったら楽しいだろうな、
と思ったところからスタートしました。

赤鬼

なるほど、そういう理由でコスプレ歓迎旅館を始めたのですね。
実際にコスプレ撮影を受け入れ始めて、どのようなところが変わったのでしょうか?

平野奈津江

受け入れを始めてから年間の半数がコスプレプランのお客様となり、
全体の年齢層がぐっと下がりました。
玄関にアニメ関連のグッズが増えたり、
レイヤーさんが館内を歩いてくれたりなどで華やかに活気付いています。
またあちこちのロケ地で皆様がマナーよく撮影してくださることで当館の認知度がアップし、
新たなロケ地開拓に飛び込みをしても二つ返事でOKをくださるところが多くなりました。

赤鬼

なるほど
最後になりますが、今や全国規模で名前が知られるようになった石川荘様ですが、
今後、コスプレ旅館石川荘として目指していきたいことは何かありますでしょうか?

平野奈津江

欲を言えば石川荘2号館と、より自由度の高い撮影フィールドを作りたいです。
撮影フィールドというのは宙釣りやトランポリン、
水撮影などダイナミックで躍動的な撮影ができる屋内スタジオを作りたいと思っています。
サービスやホスピタリティもまだまだ足りない部分があると思いますのでより充実させつつ、
更に過ごしやすく撮影しやすい環境作りを目指していきます。

石川荘様のコスプレ経営に今後も目が離せません!
ぜひ気になった方は、公式HPをご覧になってみてください!
石川荘公式HP
石川荘公式Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です